Nanohana たより

nanohana08.exblog.jp ブログトップ

今週もお疲れ様でした!のきもちを込めて




待ちに待った呑み助の金曜日チャープニッツァ♪

今週は
・鱈が大好きなワリェーラのための 鱈のトルティーノ 前回より香ばしさアップ♪
・椎茸のスメターナ炒め
・昨日焼いたサーモン&チーズブレッド
・おつまみには、スモークサーモン、サムソー、コルニッション、ヘーゼルナッツ入りオリーブ

b0171523_21541531.jpg


そしてこれ 小玉ねぎのマリネ
オリーブ油、ワインビネガー、バルサミコ酢、水、粒胡椒、塩、ローリエの入った鍋で
皮をむいた小玉ねぎを弱火で煮込んで作ります。作ってから1週間目くらいが食べごろ。

b0171523_21423850.jpg

ちょっとしたおつまみにいいですよ。
でも火にかけているときは家中お酢の匂いが立ち込めて、涙がポロポロポロポロ

向こうでお皿を覗いているのは、玉ねぎ坊やチッポリーノ風玉ねぎ小僧
(ニンニク小僧ともいえる・・・)



そのほかに、ワリェーラの好きなアボカド、3時のおやつの残りのりんごも食卓へ^^

そして肝心の飲み物―☆
ワレェーラはラム酒を、わたしは白ワインをいただきました♪
b0171523_2142455.jpg


一緒に暮らし始めた頃、どんなお料理を作っていたかなぁ・・・とぼんやり考えていました。
はっきり覚えているのは、黒ビールを使って黒パンを作ったこと。
粉は100パーセントライ麦。
そこにイーストやら砂糖やら塩やら黒ビールやら混ぜて、こねてこねて汗だくになってこねて
いつまでたっても生地がまとまらなくてひどく焦って・・・。
どうやって形にしたのかは忘れてしまいました。
でも、出来上がったものは黒パンと似ても似つかない代物でした。
それでもワリェーラは美味しいよ、と言って食べてくれたのですが、なんだか情けなくって
翌日ワリェーラのいないときに捨てました。

それ以来、無理してロシア料理は作らない!自分で作れる物を無理せず作ればいいんじゃないかなと思っていたのです。

でも、子どものころから食べ慣れたものは誰だって恋しいもの。
ましてや長いこと自分が生まれ育った国を離れて外国で暮らしているんですもの
恋しさも半端じゃないですよね。

そういう思いを察してからは、少しずつワリェーラに助けてもらいながら、ロシア料理を作るようになったわけです。

いや~ホントに嬉しそうなんですよ、ロシア風の食卓のときには。

なので、毎日は無理でもせめて呑み助の金曜日チャープニッツァくらいは
今週もご苦労様でしたという感謝の気持ちをあらわしてみたりするわけなんです(^_^)
[PR]
by nanohana-0803 | 2010-02-05 23:02 | 美味しいもの
line

Счастливая жизнь.


by Natsumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30