Nanohana たより

nanohana08.exblog.jp ブログトップ

ワリェーラのお気に入り




iPad が売り出されたときに、
携帯できるぶん普通のパソコンとは違って便利なんじゃない?と薦めても、
家にあるパソコンで充分!と あまり興味を示さなかったワリェーラ。

そんな彼が どうしても欲しい!というので最近購入したのがこれ "amazonkindle"
いつでもどこへ行くにも一緒。まるで恋人!?
b0171523_921137.jpg


iPad と違って、「本を読める」という機能だけなのですが、そこがかえって魅力みたいです。

b0171523_9211016.jpg


本屋さんで実際に本を手に取ってパラパラと読んでみてから買うことができればいいのですが、
函館には洋書を扱っている本屋さんはないので、いや、あることはあるのですがほんの数冊あるかないかなので、これまでも、ワリェーラが本を購入するときはネットででした。
そのときわたしの読みたい本も一緒に注文していました。

注文してから数日後、手元に届くのはもちろん普通の紙の本。
本は増える一方。
読んでしまった本は買ってくれるところへ持っていけばいいのですがそれも手間。
それに、ワリェーラの本は別として、わたしの読んだ本には線が引いてあるわメモが書いてあるわで売ることもできないの。
っていうより、そうやって読んだ本は愛着があるので手放せないんだけど・・・。

b0171523_9213020.jpg


でも "amazonkindle" だと、
読みたいと思った本を注文したらほどなく読める。それってすごい!
本って、読みたい!と思ったら今すぐ読みたくなるでしょ。

b0171523_9213987.jpg


「辞書」も搭載されているので、言葉の意味もすぐに調べられちゃう!

b0171523_9215050.jpg


ロシア語の本もあります!
写真の本 ↓ は、"Мастер и Маргарита" (『巨匠とマルガリータ』)

10年前にこの"amazonkindle" があればよかったのになぁ・・・。
ペテルブルグでの生活も終わりに近づいた頃、それまでに買った本を日本へ郵送する一方で、
毎日学校帰りに、その名も「本の家 ( Дом Книги )」という 街で一番大きな本屋へ寄って、あれもこれもとどっさり本を買い込んでいたんです。
ロシア語の本をこうして自由に選んで買えるのは今こうしてロシアで暮らしているうちだけ!って思い込んでいたもので。

そうして買った本は、スーツケースに入れてゴロゴロ引いてバスを乗り継ぎ中央郵便局まで行って梱包して日本へ発送。一度では運びきれないので何度かに分けて。
その10年前の本たちは、もちろん今も思い出と一緒に本棚に並んでいます ^^

b0171523_922087.jpg


ほんとに便利な時代だなあって思います。

b0171523_922891.jpg


読書好きや語学を勉強している人にとっては大いに役に立ってくれそうな"amazonkindle"

さて、次はどんな本を読もうかな~♪
って、わたしは相変わらず紙の本に線を引き引きメモを書き書きなんですけどね ^^
[PR]
by nanohana-0803 | 2011-07-25 12:11 | 日々のあれこれ
line

Счастливая жизнь.


by Natsumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30