Nanohana たより

nanohana08.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ワリェーラのお気に入り




iPad が売り出されたときに、
携帯できるぶん普通のパソコンとは違って便利なんじゃない?と薦めても、
家にあるパソコンで充分!と あまり興味を示さなかったワリェーラ。

そんな彼が どうしても欲しい!というので最近購入したのがこれ "amazonkindle"
いつでもどこへ行くにも一緒。まるで恋人!?
b0171523_921137.jpg


iPad と違って、「本を読める」という機能だけなのですが、そこがかえって魅力みたいです。

b0171523_9211016.jpg


本屋さんで実際に本を手に取ってパラパラと読んでみてから買うことができればいいのですが、
函館には洋書を扱っている本屋さんはないので、いや、あることはあるのですがほんの数冊あるかないかなので、これまでも、ワリェーラが本を購入するときはネットででした。
そのときわたしの読みたい本も一緒に注文していました。

注文してから数日後、手元に届くのはもちろん普通の紙の本。
本は増える一方。
読んでしまった本は買ってくれるところへ持っていけばいいのですがそれも手間。
それに、ワリェーラの本は別として、わたしの読んだ本には線が引いてあるわメモが書いてあるわで売ることもできないの。
っていうより、そうやって読んだ本は愛着があるので手放せないんだけど・・・。

b0171523_9213020.jpg


でも "amazonkindle" だと、
読みたいと思った本を注文したらほどなく読める。それってすごい!
本って、読みたい!と思ったら今すぐ読みたくなるでしょ。

b0171523_9213987.jpg


「辞書」も搭載されているので、言葉の意味もすぐに調べられちゃう!

b0171523_9215050.jpg


ロシア語の本もあります!
写真の本 ↓ は、"Мастер и Маргарита" (『巨匠とマルガリータ』)

10年前にこの"amazonkindle" があればよかったのになぁ・・・。
ペテルブルグでの生活も終わりに近づいた頃、それまでに買った本を日本へ郵送する一方で、
毎日学校帰りに、その名も「本の家 ( Дом Книги )」という 街で一番大きな本屋へ寄って、あれもこれもとどっさり本を買い込んでいたんです。
ロシア語の本をこうして自由に選んで買えるのは今こうしてロシアで暮らしているうちだけ!って思い込んでいたもので。

そうして買った本は、スーツケースに入れてゴロゴロ引いてバスを乗り継ぎ中央郵便局まで行って梱包して日本へ発送。一度では運びきれないので何度かに分けて。
その10年前の本たちは、もちろん今も思い出と一緒に本棚に並んでいます ^^

b0171523_922087.jpg


ほんとに便利な時代だなあって思います。

b0171523_922891.jpg


読書好きや語学を勉強している人にとっては大いに役に立ってくれそうな"amazonkindle"

さて、次はどんな本を読もうかな~♪
って、わたしは相変わらず紙の本に線を引き引きメモを書き書きなんですけどね ^^
[PR]
by nanohana-0803 | 2011-07-25 12:11 | 日々のあれこれ

花火大会




昨夜の花火大会。

ベランダに三脚を据えて、虫コナーズを吊るして、チューハイを片手にワリェーラと鑑賞&撮影会をしました♪

b0171523_2303185.jpg

函館港内の遊覧船や連絡船の電飾もきれい!
b0171523_2305089.jpg
b0171523_2304112.jpg
b0171523_2305939.jpg
b0171523_231844.jpg
b0171523_231267.jpg
b0171523_2313415.jpg
b0171523_2314235.jpg


ひゃあ!可愛い~‼
b0171523_2315052.jpg
b0171523_232018.jpg
b0171523_232832.jpg


港まつりの初日8月1日には北海道新聞社主催の花火大会もあります!

わが家の"花火鑑賞特等席"で鑑賞ご希望の方は、ビールやワインなどをご持参のうえ、どうぞいらしてください ^^
b0171523_2321529.jpg

[PR]
by nanohana-0803 | 2011-07-18 23:44 | 日々のあれこれ

はこだてロシアまつり 2011



今年も行ってきましたよ。 ロシア極東大学函館校の ロシアまつり

今年はあいにくの雨模様で校内で行われたのですが、
コンサート、ロシア語教室、ロシアレストラン、チェス大会と盛りだくさんのプログラム。
たくさんの人たちで賑わっていました。
b0171523_13174418.jpg


今年のオリジナルTシャツ。
デザインしたのは極東大学の女子学生さん!
この絵の女の子にとってもよく似た美人さん。
b0171523_13175375.jpg


興味深かったのが、イースターエッグの色づけ作業の実演。
b0171523_13182688.jpg

とっても細かくて美しいんですよ~!
b0171523_13184199.jpg

今回は作業過程を見るだけで体験はできなかったのですが、秋にハリストス正教会で色づけ体験教室があるそうです。
行ってみようかな~♪
b0171523_13185452.jpg


体験できたのはこちら、マトリョーシカの色づけ作業。

手渡された白木のマトリョーシカには鉛筆でおおよその下絵が描かれています。
そこに、極東大学の天才芸術家Д先生の指導のもと、色づけをしていくわけです。
b0171523_13265372.jpg


先ずはスカーフを赤く塗って。
その後リボン、髪の毛、サラファン・・・と塗っていくうちに夢中になってしまって、写真を撮るどころではなくなっちゃいました。

でも夢中になった割にはいまひとつの出来栄え、っていうか、時間切れで未完成 ^^;
b0171523_1327441.jpg


なので、完成品はД先生の奥さんが描いたマトリョーシカを拝借。

すごーい!プロみたいに上手!005.gif

って彼女はプロなのでした。
b0171523_1327127.jpg

そういえば、このマトリョーシカも、描いたご本人にどことなく似ています。

絵や人形は、描いた人作った人に似るものなのかな・・・。
フェルト人形、できるだけ美人に作ろう!だからって美人になれるとかじゃないんだけどね ^^

[PR]
by nanohana-0803 | 2011-07-17 15:05 | 日々のあれこれ

『ロモノーソフ』 の カップ & ソーサー


ロシアのサンクトペテルブルグから遠路はるばるわが家にやって来た

『ロモノーソフ』 の カップ & ソーサー "バレエ 白鳥の湖"

b0171523_1352443.jpg


1744年 ロマノフ王朝時代に皇室専用磁器工房として設立されたロモノーソフの磁器窯。

現在は、"Imperial Porcelain" インペリアル ポーセレン と 社名が変更になり、
その陶磁器は、ロシア国内だけではなく欧米でも広く知られ愛されています。

コバルトネットが有名ですが、ロシアらしくバレエを題材にしたこんな可愛らしい磁器も作ってるんですよ♪



こちら側は白鳥。
b0171523_1353343.jpg


くるりと反対を向けると、こちらにはブラックスワン。
b0171523_13531248.jpg

b0171523_13542476.jpg


小さいお皿にも白鳥と黒鳥がいて
b0171523_13534429.jpg
b0171523_1353527.jpg

大きい方のお皿にはお城と湖が描かれています。
b0171523_1354137.jpg
b0171523_1354876.jpg


ロモノーソフ陶磁器の絵付けは、一品一品すべてが手描きなんですよ。
こんなに細かい絵付けや彩色がすべて手作業だなんてびっくりです!
b0171523_13545872.jpg


器の底の ロゴマークとは別にポツンと青くあるのが見えますか?
これは、汚れなんかではなくて、この絵を描いた職人さんを識別するための印なんだそうです。

印は点や線だったり数字が書いてあったり。
b0171523_1355795.jpg

職人さんたちが絵付けの最後につける"誇り"の印しなんですね。
b0171523_13551465.jpg
b0171523_13533721.jpg



"白鳥の湖" にふさわしいケーキはやっぱりスワン型のシュークリームかな~♪ ^^
[PR]
by nanohana-0803 | 2011-07-07 15:36 | インペリアル・ポーセレン

友情の架け橋 ロシア文化フェスティバル

ロシア文化フェスティバル 2011 IN JAPAN のオープニングセレモニーの開催地になっている函館。

昨日7月2日は、ピャトニツキイ記念国立アカデミー・ロシア民族合唱団創立100周年記念来日コンサートが芸術ホールで行われ、
ワリェーラとわたしも行ってきました。

コンサートでは写真撮影ができないので、
下の写真は、コンサートに先だち開かれたオープニングパーティーで撮ったものです。
b0171523_15253723.jpg


ロシア民謡"母なるロシア" から始まって、
日本でもおなじみの"赤いサラファン"、"モスクワ郊外の夕べ"の歌、
踊りや楽器演奏が披露されました。

合唱団員のみなさんは20代半ばくらいかな。
とっても若々しくて エネルギッシュ。

b0171523_15254796.jpg


とりわけ女性たちの可愛いこと♪

色鮮やかな民族衣装がとっても素敵で、
薔薇色のスカーフの彼女たちは、可愛い本物のマトリョーシカちゃんです。

でももちろん可愛いだけではなく、歌が本当に素晴らしいの。
コンサート会場では、わたしたちは前から2列目の席だったので、
力強い歌声にドーンと圧倒されました。

100年も続く歴史ある合唱団なので、ワリェーラの両親の世代にも愛されています。
ワリェーラはお義母さんにこの歌声を聴かせてあげたかったみたい。
いつか機会があったら今度はパパもママもみんなで一緒にね!
b0171523_15255785.jpg



さてさて、このオープニングパーティーには、日露両国から多くの来賓が出席されていました。

こういう2か国以上の人たちが集う場所では当然スピーチに通訳がつくわけで、
"挨拶" に倍以上の時間を要することになるんですね。
って当たり前のことをしみじみ感じたのも、実は、このパーティーのあとに別の場所でコンサートがあるのでパーティーのあとすぐに移動、
っていうことになっているのに、挨拶と通訳が永遠に続きそうな勢いで、ゆっくり食事と会話をを楽しむ余裕がなかったという理由からなんですけどね。 ^^
b0171523_18164615.jpg




こちらは女優の栗原小巻さん。
今回は、ロシア文化フェスティバル日本組織委員会の代表として来函されました。
b0171523_1526753.jpg


栗原さんは日ソ合作の映画3本で主演なさっていて、ロシアにも多くのファンがいます。
ワリェーラもそのひとり ^^

この前日、"日露和親条約締結156周年記念写真展" のオープニングセレモニーに出席したワリェーラ。
帰宅するなり、栗原小巻さんに会った~♪ 一緒に写真を撮ったんだぞ~♪ と舞い上がった状態で栗原さんのことを聞かせてくれました。

で、聞いていたわたしも、すご~い!いいな いいな~!わたしも会いたかった~!
って悔しがっていたんですけど、昨日お目にかかれました。

栗原さんは映画の中でもロシア語で台詞を言ってらっしゃるのですが、
会場でのスピーチもご自身でロシア語でなさっていました。

思っていたより小柄で華奢な方でした。
そしてもちろん気品があって美しい方です。

コンサートも終了した後にロビーにいらした栗原さんと並んで写真を撮らせてもらったんですよ~♪
家宝にします!



チェブラーシカとも記念撮影♪

でも、どっちがチェブラーシカ!?みたいなかんじなので
本物(?)チェブラーシカの部分だけ披露します ^^;
b0171523_2145927.jpg

日本語の解るチェブラーシカでしたよ ^^
栗原小巻さんにもお目にかかれ、チェブラーシカともツーショットが撮れてとってもしあわせないち日でした。





でもね、もっと嬉しかったのは

10年前にサンクトペテルブルグで一緒に勉強していた友だちと再会できたこと‼


音信不通になって以来、どうしているかな・・・と時々思い出したり懐かしんだりしていたMちゃん。
ロシア文化フェスティバルの組織の仕事をしていたんだね~。
元気に動き回っている姿を見て、とっても嬉しいきもちでいっぱいだよ~!


というわけで、日本とロシアのそしてみんなの友情の架け橋
ロシア文化フェスティバル2011 IN JAPAN の幕開けですよ!
[PR]
by nanohana-0803 | 2011-07-03 20:52 | 日々のあれこれ
line

Счастливая жизнь.


by Natsumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー