Nanohana たより

nanohana08.exblog.jp ブログトップ

Merry Christmas!


b0171523_11445492.jpg


先日 久しぶりに BAYのあたりをお散歩してきました。

カナダのハリファクス市からやって来たクリスマスツリー

今年もとってもキレイ♪


b0171523_11411692.jpg

きょうはクリスマスイブですね。

みなさん、素敵なクリスマスを!

С Рождеством!



*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png





[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-12-24 12:20 | 日々のあれこれ

「お菓子の街」と「マーシャとくま」

b0171523_18314439.jpg

こんにちは。

またまたとーっても久しぶりの更新になっちゃいました。 ><

にもかかわらず
ブログに遊びに来てくださったみなさん
ありがとうございます。ぺこり

夏のロシア旅行記を書いていたと思ったら
もうすぐクリスマスですね。


で、なぜ復活大祭のお菓子クリーチの写真かというと
クリーチやパースハが描かれた可愛いカップ&ソーサーが発売になったのをご紹介しようと思いまして。^^

b0171523_18231497.jpg


インペリアル・ポーセレンの陶器のことは、ふだんは chaika owner's blog で紹介しているのですが
クリーチパースハのことを何度かこのブログでも載せたことがあるので、
ぜひお披露目したくって。


その名も クリーチの街。
あ、でも、クリーチといっても日本ではあまり馴染みがないかな、ということで
「お菓子の街」と意訳して名づけました。

お菓子がならんでカラフルで可愛らしくて
クリスマスのテーブルにも似合うかなーなんて思います。

b0171523_18230200.jpg



そしてもうひとつご紹介したいのが「マーシャとくま」です。

森の奥ふかくくまの家に迷い込んでしまったマーシャが
気転をきかせておじいさんとおばあさんのもとへ帰ってくる
そんな楽しいロシアの昔話 『マーシャとくま』がモチーフです。

こちらはピロシキつながりということで。


b0171523_18250304.jpg

マーシャが作ったピロシキは
きのこ入り それとも たまご かなー。

b0171523_18252791.jpg



というわけで、ロシアからやって来た新しい商品を
チャイカで毎日少しずつご紹介しています。

クリスマスコーナーもあります♪






*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png





[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-12-10 22:10 | インペリアル・ポーセレン

ロシア旅行 2013 【ウラジオストク】 3年ぶりのウラジオストク


b0171523_9412128.jpg


3年ぶりのウラジオストクへの里帰り。

前回訪れた時には、2012年9月開催の APEC に向けて街中のいたるところ工事中。
とりわけ金角湾大橋の建設で街の中心地は車の大渋滞でした。→


その橋も完成して、サミットから1年。

新しい空港ができ、街の中心までの道路も整備されていて、まるで別の街に来たかと思うほど。

空港からタクシーで義父母の待つ家に向かうあいだ、新しくできたあれやこれやに、
ワリェーラとわたしは、わぁー!オォー!って まるでオノボリサン。^^


b0171523_9423476.jpg


b0171523_10245323.jpg

夜には橋がライトアップされて、夜景も華やかになりました。


b0171523_1013722.jpg

ルースキー島に建設されたロシア極東大学の新しい広大なキャンパス。


b0171523_1012539.jpg

街の中にもいろいろと新しいものがお目見え。

こちらは、ゴーリキー劇場前の広場のヴィソーツキー像。
彼の歌声も流れていました♪



b0171523_12303393.jpg

アケアーンスキー大通りには、70年代の若い船乗の像。

軍港で外国には閉ざされていたウラジオストクだったけれど、外国帰りでジーンズを穿いて、胸元にサングラスをひっかけ、手には外国の有名店の買い物袋とレッド・ツェッペリンのレコード。
タクシーはこうして親指を立てて拾う、こんな若者もいたのだ!
という像です。^^

ヴィソーツキー像もこちらも、ウラジオストクはサミットが開催されるほど開かれた街になったのだ、とアピールしているんですね、きっと。



そんな新しいあれこれがいっぱい増えたこの街で、ワリェーラの友人が婚約をして、そのお相手がまたワリェーラの昔からの友人だったという、わたしたちにとって特別な嬉しくて新しいできごともありました。

その友人たちと一緒に、市内中心部から車で20分くらいのところにある 「ダーチャ」に行ってきました。

ロシア語で дача ダーチャ は、夏場に暮らす個人の別荘のことをいうのですが、ここは、公園の中に宿泊施設やレストランがあって、その名も「ダーチャ」。

b0171523_1034034.jpg


b0171523_10341234.jpg

友人たちがテーブルを予約しておいてくれて、小さな祝宴。

食べ物も美味しいし、次回ウラジオストクに行くときにはここでのんびりするのもいいかもしれないなー。
今度はいつになるかなー。


b0171523_134203.jpg






*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-11-01 14:37 | ロシア

ロシア旅行 2013 【サンクト・ペテルブルグ】 ロシア美術館 & お知らせ

b0171523_1711578.jpg

グリバエードフ運河沿い、血の上の救世主教会の手前にあるロシア国立美術館。

b0171523_1724385.jpg

建築家ロッシが設計し、同時代の一流の芸術家が参加して装飾が施された、建物自体が芸術品でもある美術館です。

b0171523_174915.jpg


b0171523_1743785.jpg


b0171523_1745664.jpg


b0171523_1733899.jpg


b0171523_1751630.jpg

11~20世紀のロシアの絵画、工芸品や織物、民芸品などが収められていて、見るものすべてが興味深かったのですが、中でもこれ。

b0171523_1761324.jpg

17世紀の刺繍です!

b0171523_1762636.jpg

縁取りのレースも素敵❤

一針一針刺して・・・こんなにキレイなひとつの作品を生み出すまでにどれだけの時間がかかったのか、ちょっと想像がつかないです。

b0171523_1763755.jpg

やりかけで放り出していたテーブルクロスの刺繍、完成させよう!と思っている次第です。^^

b0171523_1772128.jpg


ロシア美術館には、もちろんインペリアル・ポーセレンも収蔵されています。

インペリアル・ポーセレンの収蔵品については、こちら で紹介しています。

b0171523_178206.jpg


というわけで、新しくチャイカのブログ  ★chaika owner's blogを始めました。

インペリアル・ポーセレンのことを中心に書いていこうと思います。

Nanohana たより では、これまでどおり日々のあれこれを綴っていきます。
こちらもどうぞよろしく!(●^o^●)



*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-10-25 18:13 | ロシア

ロシア旅行 2013 【サンクト・ペテルブルグ】 ROSSI Hotel & SPA


b0171523_15283642.jpg


今回の旅行で宿泊したROSSI HOTEL

ペテルブルグでは6連泊になるので、居心地が良くて歩き回るのに便利な場所にある宿泊先を、ということで選んだホテルです。

b0171523_1522262.jpg


b0171523_15545194.jpg

窓の向こうにはフォンタンカ運河とロモノーソフ広場。

b0171523_1523566.jpg

ネフスキー大通りからほんの少し奥まっているというだけでとっても静かです。

b0171523_15232552.jpg


b0171523_15261161.jpg

ホテルのおとなり、写真の右手はバレエアカデミーで、この通りは、ул. зодчего Росси 建築家ロッシ通り。
ホテルの名前の由縁はここにあるんですね。

向こうに見える建物は、アレクサンドリンスキー劇場。
ここもとても美しい建物です。

b0171523_15273499.jpg

これはアレクサンドリンスキー劇場の方からロモノーソフ広場を見た風景。

今はこうして車が並ぶこの通りも、その昔は、劇場へ向かう着飾った人たちが優雅に歩いていたんでしょうね。


b0171523_15235159.jpg

ホテルの中は、新しくてきれいです。

スタッフは若くて、皆さん英語も話します。
ワリェーラもわたしと一緒のせいか、最初は英語で話しかけられていました。^^

b0171523_15241259.jpg


b0171523_15281229.jpg

お部屋でお茶が飲めるようにフロントに頼んだら、運んできてくださったのは、なんと嬉しいことに
インペリアル・ポーセレンのコバルトネット!

チャイカ でも取り扱っていてふだん見慣れているのに、
こうして運ばれてきてなんだか感激の再会でした。

b0171523_15275728.jpg



b0171523_15255658.jpg

朝食はレストラン Fiolet で。

バイキングなのですが、1日おきに少しずつちがったお料理が並んでいます。
チーズの種類が豊富なのが嬉しい。
デザートにはロシアらしくブリヌィーもあります。
ワリェーラは、しっかり朝食をいただいた後でもたっぷりとジャムをのせて美味しそうにブリヌィーを食べていましたよ。^^

そして、土曜日と日曜日は朝からワインが並びます!
もちろんいただいて、ほろ酔い気分でおでかけ♪ 

b0171523_1529144.jpg


ある日の夜にレストランでいただいた寿司ロール、なかなか美味しかったです。

そうそう、ロシアでのお寿司人気は思っていた以上で、ペテルブルグの街中にはいたるところ、50mおきぐらいに「寿司レストラン」があるのにはびっくりでした。
12年前には、カフェをみつけるのさえ大変だったのに。

b0171523_1527331.jpg

木曜日の夜にはサックスの生演奏を聴きながらお食事ができます。

b0171523_15264852.jpg


ここは誰もが自由に休める「書斎」。
備え付けのパソコンがあってWi-Fi も無料で利用できます。

b0171523_15263231.jpg


b0171523_15262370.jpg

できたてほやほやのプールとサウナ。

b0171523_15253042.jpg

HOTEL & SPA と謳っているのに、宿泊を予約する段階ではどこを探してもそれらしい写真がみつけられなかったのもそのはず。
わたしたちが宿泊する予定の数日前にオープンしたばかりでした。

なので、新しくてどこもぴかぴかでキレイ!

b0171523_1527211.jpg

新鮮な木の香りがするサウナ。
このほかにスチームサウナがあって、午前中は、サウナもプールも無料で利用ができます。

エステや小さなジムもありますよ。

b0171523_16203215.jpg


この次もまたペテルブルグでは ROSSI かな。

b0171523_0554170.jpg









*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-10-21 01:14 | ロシア

ロシア旅行 2013 【ペテルゴーフ】 大宮殿と噴水のある庭園



サンクト・ペテルブルグ近郊のペテルゴーフ。

フィンランド湾に面した、宮殿と美しい噴水がある町。

b0171523_13435426.jpg


今年9月にペテルブルグで開催されたG20サミットのプログラムの一環として「水と音楽のショー」が行われた離宮のあるところです。


そしてここは、ワリェーラが二十数年前、当時のレニングラード大学の大学院生だったときに暮らしていた、思い出いっぱいのなつかしい町。


b0171523_14445746.jpg

なので今回は、ペテルブルグからペテルゴーフへは、その頃ワリェーラが利用していた鉄道を利用して、思い出をたどりながら行ってきました。

バルティースキー駅から電車に乗って。

b0171523_13463598.jpg

電車は当時のままで、まるで二十数年前にタイムスリップしたみたいですって。^^


b0171523_13461256.jpg

Новый Петергов ノーヴィー・ペテルゴーフまでは約40分。

そこから宮殿まではバスが出ていますが、わたしたちは徒歩で。

天気も良くてお散歩日和♪


b0171523_13462314.jpg

ソ連製の車 "ヴォルガ"発見!


b0171523_13494546.jpg

林の中で走り回るリスを発見!

b0171523_13394988.jpg
このリス君、とっても人懐こくて自分から近寄ってきてエサをねだってるところ❤


b0171523_14465282.jpg
30分ほど歩いてやっと公園内へ。


b0171523_13455899.jpg


b0171523_13511976.jpg


b0171523_14463347.jpg

フィンランド湾。
向こうに見える船は、たぶん高速水中翼船。

エルミタージュ美術館前の桟橋からペテルゴーフの宮殿まで運行しているので、船で来るのも素敵かもしれないですね。

その昔、ピョートル大帝が招待したお客たちは、船でここにやって来たそうですから。

b0171523_13491076.jpg


b0171523_13402181.jpg

ここには、「下の公園」と「上の公園」があって、総面積は1,000ヘクタールもあるんですって!っていってもどのくらい広いのか簡単に想像つかないですよね。^^;


b0171523_14473968.jpg

フィンランド湾と接する「下の公園」には小さな噴水がいくつかあって、イヴの噴水、アダムの噴水、太陽の噴水、いたずらの噴水なんていう楽しいのも。

b0171523_1339530.jpg


b0171523_13392863.jpg


b0171523_1447255.jpg


b0171523_13431691.jpg


b0171523_13422540.jpg

大宮殿が見えてきました。

b0171523_13421062.jpg


b0171523_13413827.jpg


b0171523_13484041.jpg

大宮殿と大滝。


b0171523_13454391.jpg

大滝は左右に分かれていて7段の階段を流れ落ちて半円形のプールへ。


b0171523_13515758.jpg

その中央に立つ「ライオンの口を引き裂くサムソン」像の噴水。


b0171523_1355365.jpg


b0171523_13502019.jpg


b0171523_13532036.jpg

大宮殿前には大滝とそれを飾る噴水が64もあるんですって。(・o・)!


b0171523_13541686.jpg

「ロシアのヴェルサイユ」ともいわれる大宮殿。

ペテルブルグへ行ったなら、この大宮殿と噴水を観に、ペテルゴーフまで足を延ばしてみることお勧めです。

シーズンは6月初旬から9月下旬頃まで。

冬に行ってももちろん噴水は止まっていて、フィンランド湾も厚い氷で覆われています。

その氷の上を歩いてフィンランド湾散歩や氷に穴をあけて魚釣りを楽しみたい!という方は冬でも可。^^


b0171523_1352913.jpg


★ペテルゴーフ ミュージアム オフィシャルサイト へはこちら。

b0171523_14471363.jpg







*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-10-18 16:16 | ロシア

ロシア旅行 2013 【サンクト・ペテルブルグ】 インペリアル・ポーセレン工房を訪ねて

b0171523_14304166.jpg


1744年に設立されて、来年で270年になるインペリアル・ポーセレンの工房を訪ねました。


b0171523_13473855.jpg


案内をしてくださったのは、ご自身も以前は絵付けの仕事をなさっていたこの方。


b0171523_13481389.jpg

まずは、フィギュリンの型をとる部屋を見せていただきました。

b0171523_13482746.jpg


b0171523_1352040.jpg

棚に並ぶたくさんの型には、何の型か分かるように一つ一つ名前が書いてあります。

b0171523_13521715.jpg

真ん中の穴から石膏を流し込んで固めます。

b0171523_1685229.jpg


わたしもこの馬の型に石膏を注いでみました。

工房を見学し終わった頃には固まっていると思うので持って帰れるわよ、って言ってくださっていたのに、持って帰るのを忘れてしまいました。(;_;)

馬の後ろの子豚ちゃんが可愛い ❤

b0171523_1356192.jpg


b0171523_1348390.jpg

美術館 にも並んでいた ロシアの様々な民族のフィギュリン。

b0171523_13534937.jpg


b0171523_13551028.jpg


b0171523_1349348.jpg


長石、石英、白色陶土などが並ぶ棚。

この他40種類に及ぶ様々な混合物を使って陶器は作られるんだそうです。

b0171523_13494482.jpg


b0171523_13531576.jpg


b0171523_17233097.jpg

ここには、絵付けをするアーティストさんたちの部屋が並んでいます。

b0171523_14423254.jpg


b0171523_14425183.jpg

中ではアーティストさんが真剣な眼差しで絵付け作業をしていました。

b0171523_13543635.jpg


b0171523_1354381.jpg

こんなに細かい柄を描いていくんですよ!

スカーフも上着も本物の布と見間違えるほど。


b0171523_13505633.jpg

絵筆の他に、こんな道具を使って色付けをすることも。

b0171523_13483791.jpg


b0171523_13512065.jpg

これが窯。


b0171523_13475210.jpg

どうですか。美しいでしょう。

b0171523_13552580.jpg


b0171523_13554070.jpg



b0171523_135078.jpg

これは建物の装飾用に作られたもので、縦の長さが1.5mほどもある大作。

依頼があればこのような装飾品も作るそうですよ。いかが?



ここでは、磁器に絵を描く体験ができるマスターコースが開かれています。

絵付け体験をしたこんな方々の写真も。
b0171523_13501881.jpg


もちろんわたしも体験しましたよ。

自分で自由にデザインしてもデザインの下書きを使ってもいいということだったので、わたしは自分でデザインすることに。

鉛筆の下描きは後で消えるから失敗なんて気にせず大胆に!
絵具の塗り直しは綿棒を使って、ほら、こうすれば大丈夫!
あらまあ、初めてとは思えないわ、とっても上手よー!

と、励まされながら、芸術家気分を味わいました。^^

このマイカップは、次回の商品発送のときに、他の商品と一緒に送ってもらえることになっています。
楽しみ~♪

b0171523_1357519.jpg



さてここで、『チャイカ』からのお知らせです。

『チャイカ』では、今回ご紹介したサンクト・ペテルブルグにあるインペリアル・ポーセレン本社から製品を直輸入しております。

年に数回商品の発注をしておりますので、ご希望の品や、SOLD OUT になっているけれどこの商品が欲しい、などのご要望がありましたら、ぜひお知らせください。


なお、次回インペリアル・ポーセレンより商品が入荷するのは、11月初旬を予定しています。

クリスマスや新年に向けた可愛い陶器もありますよ。

お楽しみに!



その前に、今回持ち帰った商品を順次掲載していますので、ときどき『チャイカ』をのぞいてみてくださね★

b0171523_15101166.jpg





*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-10-11 18:58 | インペリアル・ポーセレン

ロシア旅行 2013 【サンクト・ペテルブルグ】 インペリアル・ポーセレン美術館

b0171523_1222220.jpg


今回のペテルブルグ行きのたいせつな目的のひとつは、ここ、インペリアル・ポーセレン本社の訪問でした。

ここには陶器を製作している工房の他に、直売店と美術館が併設されています。

きょうは、エルミタージュの分館でもある、美術館をご紹介しますね。

b0171523_12241640.jpg


ピョートル大帝の娘で後の女帝エリザヴェータの命により、1744年に設立されたロシアで最初の陶磁器工房。


b0171523_12231388.jpg


その美術館には、歴史的価値のある作品が数多く収められています。


b0171523_1224245.jpg

このお花も陶器。


b0171523_13204532.jpg


美術館には学芸員がいて、ひとつひとつの陶器について詳しく説明してくださいます。


b0171523_13211319.jpg

高品質陶磁器製法を考案した 化学者ドミトリー・ヴィノグラードフ。

工房ができて最初の数年間は、彼が考案した製法で、女帝エリザヴェータが外国人客への贈り物にする煙草入れのような小さな製品を製造していたそうです。


b0171523_12254839.jpg

ロシアには様々な民族が暮らしていて、その全ての民族の人形を作る計画がかつてあったそうです。

表情も仕草も衣装も細やかに描かれていて、衣装は本物の布のようなんですよ。


b0171523_13382282.jpg



b0171523_1338474.jpg

これはパイプ。

こんな素敵なパイプならわたしも欲しいなー❤



b0171523_1337487.jpg

これは、マグカップ!


b0171523_13383630.jpg

表情が豊かで楽しそう♪


b0171523_12251388.jpg

衣装の下から浮かび上がるしなやかで美しい体躯。

筋肉や骨格も描かれていて、まるで今にも動き出しそうな躍動感に満ちています。


b0171523_13373126.jpg


カップやお皿も素敵なものがいっぱい。

でもやっぱり気に入ったのは、いろいろな表情のフィギュリンたち❤


b0171523_13371286.jpg


ここで展示しているフィギュリンの多くはソビエト時代のもので、今は作られていないのがとっても残念。


b0171523_12275939.jpg



b0171523_12272942.jpg


b0171523_12274054.jpg


b0171523_1336438.jpg


b0171523_1336572.jpg


b0171523_12283020.jpg

ロシア民話の中に登場する動物たちもユーモラスで可愛いの♪

b0171523_12284560.jpg


b0171523_1229050.jpg


b0171523_12291521.jpg

おだんごパンが今まさにキツネに食べられてしまうところ。


b0171523_12281812.jpg

五輪のベルトをしめたモスクワオリンピックのマスコット 熊のミーシャ。タヌキではありません。^^


b0171523_12224133.jpg


次回は、インペリアル・ポーセレンの工房訪問記をお届けします。

お楽しみに!(●^o^●)



*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-10-09 17:04 | インペリアル・ポーセレン

ロシア旅行 2013 【サンクト・ペテルブルグ】 ネフスキー大通り

b0171523_1221114.jpg


Невский проспект ネフスキー大通り。

ネヴァ川のほとりに建つ旧海軍省からアレクサンドル・ネフスキー大修道院まで4.5kmにわたって延びている、サンクト・ペテルブルグの目抜き通りです。

きょうは、その大通りを、旧海軍省方面からアレクサンドル・ネフスキー大修道院の方へ向かって、昼夜入り混じり、行きつ戻りつしながら、お散歩したいと思います。^^

Пошли! さあ、行きましょう~♪
b0171523_1141885.jpg


b0171523_11412884.jpg

歩き始めてまず気になるのは、左手に現れる『文学カフェ』。
プーシキンが決闘に向かう途中に立ち寄って最後の食事をしたカフェです。

当時は、レールモントフやチェルヌイシェフスキーなど多くの作家が集まったそうです。

その後19世紀末には『アルベルト』というカフェになり、現在の『文学カフェ』となってオープンしたのは1985年のことです。

b0171523_11385868.jpg

しばらく歩くと、右手にカザン聖堂が見えます。

b0171523_11443340.jpg

ピョートル1世がローマの聖パウロ聖堂をモデルとした聖堂の建設を命じて建てられた、半円状の回廊とコリント様式の柱が並ぶ美しい聖堂です。

b0171523_11431026.jpg

大通りを挟んで向かい側では、男の子たちがパフォーマンスを披露していました。

b0171523_11384593.jpg
「ソチオリンピックまで190日」

b0171523_11445848.jpg



b0171523_1138204.jpg

さらに少し歩くと、左手に現れるのが Дом книги 『ドーム・クニーギ』 
学校帰りによく立ち寄っては本を買っていた、なつかしの本屋さん。

2階にカフェコーナーもできて、全体がきれいになっていました。

絵本や可愛い文具もあるので、ロシア旅行のちょっとしたお土産選びに立ち寄ってみるのもいいかもしれないですねー。

b0171523_11383244.jpg

ドーム・クニーギを出ると、Канал Грибоедва グリバエードフ運河。
向こうに血の上の救世主教会 が見えます。


b0171523_113864.jpg

運河を渡って右手に現れるのは、ペテルブルグで一番大きなデパート Гостиный Двор ガスティーヌィー・ドヴォール。
2階には、高級ブランドのお店がズラーッと。

b0171523_1140485.jpg


b0171523_11375151.jpg
似顔絵描きの絵描きさんたち。

その柵の向こうは、пл. Островского オストロスキー広場。

b0171523_11403051.jpg


b0171523_15565872.jpg

エカテリーナ2世と、女帝に仕えた9人の著名人の像。

b0171523_1140848.jpg

広場の向こうの建物は、ロッシの設計で建てられたアレクサンドリンスキー劇場。
この劇場の裏には、ул. Зодчего Росси 建築家ロッシ通りがあって、美しい建物が整然と並んでいます。

b0171523_11465044.jpg

広場の道路を挟んで向かい側には エリセーエフ食料品店

さ、また先に進みましょ!

b0171523_114513100.jpg

ネフスキーで映画を観るならここ、Аврора オーロラ。


b0171523_16413467.jpg

映画のあと、おなかがすいたなら、映画館の隣のレストランでグルジア料理というのはいかがでしょう。
グルジアワインは、口に含んだ途端に、美味しくてびっくりしてほっぺたが落ちちゃいました。
お料理もとーっても美味しい❤

b0171523_11434845.jpg


b0171523_11452687.jpg

ここはマリオネット劇場のあるところで、カフェの名前は "жили были" (ジーリ ビィーリ)。
それは、日本の昔ばなしの、「むかーし、むかし、あるところに・・・」というのと同じ、物語の語り出しの言葉です。

ロシア料理が食べられるカフェですよ。

b0171523_1142519.jpg

さらに行くと―。
ここは、フォンタンカ運河に架かる Аничков Мост アニチコフ橋。

b0171523_1147673.jpg


b0171523_11463315.jpg

橋の四隅に建つ、馬と人間の彫像。迫力あります。

b0171523_11462263.jpg

橋のたもとの美しい建物はアニチコフ邸。


さてさて、ネフスキー大通りはこの先まだ続くのですが、ここで右に曲がってファンタンカ沿いに少し歩くと宿泊先のホテルがあるので、ネフスキー散歩はここまでとします。^^


b0171523_1146990.jpg


ネフスキー大通り界隈にはまだまだたくさんの興味深い建物がたくさんあるので、ペテルブルグに行ったら、ぜひこのあたりをワシワシと歩くのがお勧めです★




*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-10-08 17:02 | ロシア

ロシア旅行 2013 【サンクト・ペテルブルグ】 アレクサンドル・ネフスキー大修道院

b0171523_1144745.jpg


ネフスキー大通りの東端に位置するアレクサンドル・ネフスキー大修道院。

ピョートル大帝が建設を命じたもので、1240年のスウェーデンとの戦いで勝利を収めたノヴゴロドのアレクサンドル大公の栄誉を称えて、交戦場所であったネヴァ川の戦い跡地に設立された男子修道院です。

修道院中央に位置するトロイツキー聖堂には、アレクサンドル・ネフスキーの棺が安置されています。


b0171523_1151164.jpg


聖堂内は写真撮影ができないので、聖堂へ続く道に並ぶお土産物屋さんの写真を。 ^^

b0171523_1155642.jpg



b0171523_11411625.jpg

修道院の周りには18世紀から19世紀の共同墓地があるので、ここへ来たらぜひ墓地めぐりも。


b0171523_1174079.jpg

修道院へ向かって右側にある Тихвинское кладбище チフヴィン墓地には、チャイコフスキーや「ロシア五人組」の作曲家の他、ドストエフスキーのお墓があります。



b0171523_11112214.jpg
チャイコフスキーが眠るお墓。


b0171523_11111150.jpg
ルビンシュテインのお墓。


b0171523_119894.jpg
グリンカのお墓。


b0171523_1185769.jpg
ボロディン。


b0171523_11105948.jpg
ドストエフスキー。


b0171523_11152152.jpg

ポーランド人のピアニスト Мария Шимановска マリヤ・シマノフスカ のお墓には、プーシキンが彼女にささげた詩が、プーシキンの筆跡で刻まれています。

b0171523_1195142.jpg

Из наслаждений жизни
Одной любви музыка
          уступает,
Но и любовь мелодия...

Марии Шимановской
А. Пушкин
1 марта 1828г

★墓石には、旧表記で刻まれています。


b0171523_11101919.jpg



そして、修道院への道を挟んで向かい側の Лазаревское кладбище ラザレフ墓地には、建築家ロッシや科学者ロモノーソフのお墓があります。


b0171523_11102955.jpg


b0171523_1191914.jpg
ロモノーソフのお墓。


b0171523_1110549.jpg


b0171523_1193120.jpg


b0171523_11824.jpg

ガイドさんの説明を聞きながら墓地を散策している外国からの観光客もいましたよ。

b0171523_1361390.jpg


b0171523_1365927.jpg


アレクサンドル・ネフスキー大修道院へは、
地下鉄 Площадь Александора Невского プローシャチ・アレクサンドラ・ネーフスカヴァ 下車。




*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-10-07 13:35 | ロシア
line

Счастливая жизнь.


by Natsumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31