Nanohana たより

nanohana08.exblog.jp ブログトップ

ロシア旅行 2013 【サンクト・ペテルブルグ】 ウラジーミル・ナボコフの生家

b0171523_14434244.jpg


イサーク聖堂からニコライ1世の馬上像に向かって歩き、モイカ川の手前バリシャヤ・マルスカヤ通りで左に曲がってまもなくのところに、ウラジーミル・ナボコフの生家があります。

b0171523_1515077.jpg


1899年に生まれて亡命する1917年11月までの18年間、ナボコフが暮らした家です。

b0171523_14454386.jpg

博物館としてオープンしたのは、15年前の1998年7月。

前回わたしが訪れたのは、博物館がオープンしてからまだ3年目だったとは、あのときは知りませんでした。

ワリェーラがペテルブルグで暮らしていたのは、そのずーっと前なので、ナボコフの生家はこの街のどこかにあるだろうな、とは思ってはいたけれど、博物館になっているということは知らなかったとのこと。

なので今回は、わたしの記憶だけを頼りに、12年前に一度訪れたナボコフの家に向かったのでした。

もちろん見つかりましたよ♪ 意外と頼りになるわたしの記憶力。(^_^)v

わたしたちが訪れたのは8月31日だったのですが、9月になったら改装工事のためにしばらく閉館になるということだったので、ギリギリセーフでした。

b0171523_14464484.jpg


b0171523_14471240.jpg


b0171523_14491639.jpg


b0171523_14485523.jpg


b0171523_14494720.jpg

ナボコフといってすぐ思い浮かぶのは、『ロリータ』ですよね。

b0171523_14484374.jpg


b0171523_1449534.jpg


b0171523_14525254.jpg

蝶の収集家としても有名なナボコフ。

b0171523_14482414.jpg


b0171523_14492877.jpg

ガイドブックには載っていませんが、ナボコフのファンなら訪れてみるといいですよ。

b0171523_14495850.jpg

この窓から外を眺める、幼かったナボコフがそこにいるような気がします。

b0171523_1452270.jpg

リニューアルオープンしたらまた訪れてみたいな。

b0171523_14521396.jpg


そうそう、きっと世界中の誰もが知っているスマイルマーク。

それを考案したのはナボコフなんですって。:)




*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-10-03 21:33 | ロシア

ロシア旅行 2013 【サンクト・ペテルブルグ】 なつかしの スモーリヌィー

b0171523_12285220.jpg

白と淡いブルーの清楚なスモーリヌィー修道院。

b0171523_12291160.jpg

そして、エカテリーナ2世によって開設された、6歳から18歳の貴族の令嬢たちが学んでいた寄宿学校。

1917年の10月革命のときには、レーニンがここから革命の指令を発しソヴィエト政権樹立宣言が行われ、1918年にモスクワに移転するまでのあいだ、ソヴィエト政府の中枢だった場所です。

今は静かなこの場所も、その頃はレーニンたちが走り回っていたんですね。

b0171523_1233427.jpg


b0171523_13432026.jpg

イサーク聖堂血の上の救世主教会 のように たくさんの観光客で賑わっているというわけではないのですが、聖堂の入り口を入ると受付があって、聖堂内と展望台への2種類のチケットを販売しています。


b0171523_134646.jpg


b0171523_12312770.jpg


b0171523_12315925.jpg

展望台への階段は、イサーク聖堂 よりきつくて、もうたいへん。
展望台にものぼろう!なんて言わなければよかったかな・・・。(;_;)

b0171523_12333123.jpg

b0171523_12311123.jpg

それでもやっぱりのぼってよかった!
この日もお天気が良くて、大好きなペテルブルグの街を見渡すことができたんですもん❤

b0171523_12331935.jpg

スモーリヌィー。
大好きなペテルブルグの街の中でも一番思い出深くて、今回の旅行ではどこよりも来たかった場所。

b0171523_16141420.jpg


なつかしい道。
ここに、サンクト・ペテルブルグ大学付属ロシア文化センターがあって、2000年の9月から2001年の6月までのあいだ通っていました。

b0171523_16130293.jpg


この扉の向こうには思い出がいっぱい。

一緒に勉強した、いろいろな国からやって来た学生たちや先生たち。

その中でも文法の Т.Ф.先生。
ちょっとアグレッシブで敬遠する学生もいたけど、授業にかける暑苦しいほどの半端ない情熱が、わたしは好きでした。会いたいなー。


わたしたちが訪れたのは9月1日で、ロシアでは新学年の始まる日。
教室には入ることができなくても、いつもお昼ご飯を食べていたカフェや図書館に立ち寄ることができるかも、と楽しみにしていたのですが、うっかりしていて、この日は日曜日で学校はお休み。

そもそも入り口横のプレートも、『ロシア文化センター』から『政治学部』に替わっていました。(;_;)


b0171523_12304328.jpg


なつかしのスモーリヌィー。
今度会えるのはいつになるかな―。

b0171523_1235593.jpg





*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-09-30 16:14 | ロシア

ロシア旅行 2013 【サンクト・ペテルブルグ】 エリセーエフ食料品店 Kupetz Eliseevs

b0171523_9371793.jpg

ペテルブルグのメインストリート ネフスキー大通りにある 『エリセーエフ食料品店』
大きなウインドウでは、音楽に合わせてお人形たちがくるくる踊って可愛いの♪

b0171523_9411389.jpg

帝政ロシア時代にオープンした高級食料品店で、店内の装飾も華やかで豪華。

b0171523_9375754.jpg

ショーケースには、お洒落で可愛くて美味しそうなお菓子がいーっぱい❤

b0171523_938885.jpg

チョコレート、キャンディー、ヌガー、ケーキ、クッキー、エクレール♪

b0171523_9382223.jpg

b0171523_9384426.jpg

b0171523_938593.jpg

b0171523_9391832.jpg

b0171523_952252.jpg

そこにいるだけでとってもしあわせな気持になっちゃいます (*´▽`*)♪

b0171523_9525014.jpg

お店のロゴマークがついたエクレールやトルト。
ケーキの上のお花ときのこがラブリー❤

b0171523_9402339.jpg


b0171523_9535345.jpg

焼き立てパンもありますよ。

b0171523_94681.jpg

お店の中央にある大きなパイナップルのまわりのソファーに座って、ケーキやパンを食べることもできます。

b0171523_948138.jpg

お菓子ばかりではなく、チーズ、ハム、ソーセージ、コーヒー、紅茶、オリーブ油、キャビアにイクラ、ウォッカはもちろんウイスキー、コニャック、シャンパン、ワイン、美味しいものが勢揃い。

b0171523_9482448.jpg

b0171523_9483676.jpg

そしてこれは、日本の牡蠣。1個1300ルーブル。
日本円に換算すると 約4,000円。うひゃー!買う人いるのかしら?・・・

b0171523_949105.jpg

バルコニーに立っているのは、創始者のエリセーエフ兄弟。
東京帝国大学で学び日本学者となったセルゲイ・エリセーエフは、このエリセーエフ家の御曹司です。

b0171523_108596.jpg

ペテルブルグに旅行で行ったら、エリセーエフのお店に立ち寄ってお土産を探すのもいいかも。

ちなみにわたしたちは、日持ちのするお菓子を幾つかと、デザインが素敵な50mlのミニボトルウォッカをお土産に買いました。
ウォッカは、もったいなくて封を開けずにに飾ってあります。^^






*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-09-25 13:26 | ロシア

旧ロシア領事館で大掃除

b0171523_10591651.jpg


1908年、函館港を見渡せる幸坂に建てられた帝政ロシア時代の領事館。

昨日は、今週の土曜日9月28日に開催される『インペリアルポーセレンの世界』展 を前に、旧ロシア領事館の大掃除をしました。

b0171523_10594045.jpg


しばらく閉ざされていたので埃だらけ。
掃いて拭いてモップをかけて庭の生い茂った木の枝を刈ったら、少し見栄えがよくなりましたよ。

b0171523_10594968.jpg


今までにたくさんのお問い合わせをいただいているようです。
遠方から見学にいらっしゃるという方も。

2階部分は傷みがひどく、今回公開はできないのですが、当日の入場制限などはありませんので、旧ロシア領事館を見学したい方、「道南青年の家」が懐かしいという皆さん(旧ロシア領事館は、「道南青年の家」という宿泊施設として一時期利用されていたことがあります) ぜひこの機会にどうぞ函館にいらしてください!
見学会の時間は、10時から16時までです。
≫詳しくはこちら。

b0171523_110565.jpg





*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-09-24 11:31 | ロシア

ロシア旅行 2013 【サンクト・ペテルブルグ】 凱旋門と宮殿広場 

b0171523_10102470.jpg


旅行でサンクト・ペテルブルグに行ったなら、きっと誰もが必ず訪れるこの場所。

b0171523_1013787.jpg

凱旋門をくぐって、エルミタージュの建つ宮殿広場へ。

b0171523_10134873.jpg

イタリア人建築家カルロ・ロッシが設計した凱旋門。

b0171523_10143699.jpg

広場の沿革に美しいカーブを描くこの凱旋門とエルミタージュが囲む広場の佇まいが好きで、12年前、ペテルブルグで暮らしていた頃にも、このあたりをよく散歩していました。

b0171523_10174046.jpg

その頃、門の上のには覆いがかけられていたので、彫像を見るのは初めて。

b0171523_10382512.jpg

はじめまして。(#^^#)


b0171523_10193055.jpg

向こうにはエルミタージュ。

そして、宮殿広場にそびえるアレクサンドルの円柱。
高さが47.5m、直径約4m、重量が600t あるこの円柱、ただ立ててあるんですよ。

つまり、地下に円柱の下の部分が何mか埋まっていて支えているとかではなくって、ただポンと置かれているんですって。

地震の無い地方なのでだいじょうぶなんですね。

★手前に見えるのは、ピョートル大帝です。^^

b0171523_10234085.jpg

この日はお天気が良かったので、青空に建物や彫刻がくっきり。

b0171523_10251988.jpg


b0171523_10264646.jpg


b0171523_10271153.jpg

今回は一週間の滞在だったのですが、思い出の場所や行きたいところがたくさんあって時間が足りなそうだったので、エルミタージュ美術館には入らずに、またの機会に ということに。


b0171523_144418100.jpg



b0171523_10401582.jpg



b0171523_12371591.jpg


そんな約束をして、エルミタージュを後に、宮殿橋を渡ってヴァシリエフスキー島へ。

この時点でもう夕方6時頃。
朝から出かけてお昼ご飯を食べる時間も惜しんで歩き回って足は棒のよう。

でも、橋の向こうにはあの懐かしい大学河岸通りが見えるんですもの。
行かなくちゃ~。ヽ(*´▽`*)ノ 

b0171523_12383018.jpg


というわけで、アイスクリームでエネルギーを補給して、歩き続けたのでした。^^

河岸通りの景色はまたいつか―★





*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-09-20 15:54 | ロシア

ロシア旅行 2013 【サンクト・ペテルブルグ】 ペリメーニヤ пельмения

b0171523_959228.jpg


ある晴れた日。
フォンタンカ川クルーズを楽しんだ後の昼食場所に選んだのがこちら。

1820年代、ニキータ・ムラヴィエフとアレクサンドル・ムラヴィエフというふたりのデカブリストが暮らしていたというこの家。
「ペリメーニヤ」という名前のペリメーニ屋さん。

b0171523_959358.jpg

ペリメーニだけではなく、ワリェーニキ、ヒンカリ、マンティー、ラビオリや餃子もあります。

b0171523_9595212.jpg

ヒンカリ、さくらんぼ入りワリェーニキ、それとりんご入り焼き餃子を一皿ずつ注文してワリェーラとふたりで半分こ♪
ヒンカリは、フォークを刺したら熱々のスープがジュワー❤

b0171523_100619.jpg

甘酸っぱいさくらんぼのワリェーニキはサワークリームをつけてデザート風♪

b0171523_1003931.jpg

林檎入り焼き餃子は、餃子だと思って食べると、あれれ?・・・。
あ、でもきっと海老餃子と豚肉の餃子は美味しいはずです。^^

b0171523_101041.jpg

морс モルスを飲みながら。

b0171523_1012623.jpg


フォンタンカ川沿い 
川クルーズボート乗降場所のすぐそば
рестран пельмения: фонтанка, 25. Тел.: 571-80-82




*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-09-19 11:24 | ロシア

ロシア旅行 2013 【サンクト・ペテルブルグ】 イサーク聖堂

b0171523_11505935.jpg

金色の円屋根の大きな聖堂。
高さが100m以上あるので、ずーっと遠くからでも金色の円屋根が見えます。

b0171523_11543397.jpg

聖書の場面やたくさんの聖人が描かれている内装。

b0171523_11541723.jpg


b0171523_11545999.jpg


b0171523_11554031.jpg

前回紹介した血の上の救世主教会 とはまた異なった趣です。

b0171523_1156544.jpg

荘厳な雰囲気の聖堂内はもちろんのこと、ドームの展望台からの眺めも素晴らしいんですよ。
展望台へは、一度外に出ます。

b0171523_1158820.jpg
これは、外の扉のレリーフ。

b0171523_11593712.jpg

南の入り口から入って螺旋階段 256段を ぐるぐるのぼって展望台に行きます。
この螺旋階段、のぼるときはそれほど大変でもないのですが、降りるとき、ぐるぐる回っているうちに、次の足をどこに出せばいいのか分からなくなるような感覚になって、ちょっと怖いのです。

b0171523_15234552.jpg

さて、がんばって展望台にのぼりつくと、そこからは360度ペテルブルグ市内の景色が望めます。


b0171523_122471.jpg

この日は快晴だったので、ずーっと遠くまで見渡すことができました♪


b0171523_15252395.jpg

ネヴァ川の向こうに見えるのは、サンクト・ペテルブルグ国立大学の建物。

b0171523_15272126.jpg


b0171523_15303058.jpg

エルミタージュ美術館やペトロパブロフスク聖堂が見えます。

b0171523_14192665.jpg


b0171523_124847.jpg

血の上の救世主教会 も。


b0171523_153491.jpg


b0171523_14184979.jpg

スモーリヌィー修道院。


b0171523_14195721.jpg

向こうの屋上のこんな景色も。^^

b0171523_1421035.jpg



b0171523_15363283.jpg

聖堂前のイサーク広場。


b0171523_1417439.jpg

イサーク広場の中央に、ニコライⅠ世の馬上像があるのですが、この日はそのニコライⅠ世像の周りでカーチェイスがあったようです。
そのスポーツカーも撮ったので、また別の機会にでもご紹介しますね。



*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(旧ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-09-17 15:01 | ロシア

『インペリアルポーセレンの世界』展 開催のお知らせ


b0171523_1115276.jpg



きょうは、展示会のお知らせです。


9月28日(土)函館金森ホールにて『インペリアルポーセレンの世界』展が開催されます。

この展示会は、函館の歴史ある西部地区の活性化をめざす取り組みをしている【はこだて街なかプロジェクト】の主催で、今回は、旧ロシア領事館の活用をめざす取り組みの一環となっています。

【チャイカ】で取り扱っているインペリアル・ポーセレンの陶器を展示販売し、その売り上げの一部を旧ロシア領事館再建のために寄付させていただくことになっています。

旧ロシア領事館や函館とロシアの交流に関する資料・パネルの展示、今回のロシア旅行で撮影したビデオの放映、ロシアのお菓子とお茶を楽しめる喫茶コーナーもあります。

また、しばらく閉ざされていた旧ロシア領事館ですが、今回の企画では見学会も行われます。

ぜひ多くの方にインペリアル・ポーセレンをご覧になっていただきたくお知らせいたします。

なお、入場は無料です。(喫茶コーナーは有料)

【インペリアル・ポーセレン】の陶器を間近に見ていただける良い機会ですので、ぜひ多くの方にいらしていただきたいなと思っております。


※お問い合わせ先 : 函館まちなかプロジェクト 電話 54-1488


お待ちいたしておりまーす★


*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-09-10 11:20 | インペリアル・ポーセレン

ロシア旅行 2013 【サンクト・ペテルブルグ】 血の上の救世主教会

b0171523_11374041.jpg

1881年に、アレクサンドル2世が致命的な負傷を負わされた場所に建てられたことから、『血の上の救世主教会』と名付けられたキリスト復活聖堂です。

b0171523_11335439.jpg

入り口を入るとすぐにシャンデリアに照らし出されたモザイク画。

b0171523_11345274.jpg

壁も天井もすべて小さなタイルを繋いで描かれているんですよ。すごいなー。
ただただ圧倒されるばかり。

b0171523_11342680.jpg


b0171523_113498.jpg


b0171523_11402964.jpg


b0171523_1135177.jpg


b0171523_11411164.jpg


b0171523_11422197.jpg


b0171523_11441584.jpg


b0171523_11515187.jpg


b0171523_1142295.jpg


b0171523_11404717.jpg


b0171523_11385086.jpg

ファサードは煉瓦とタイルのモザイク。

b0171523_11391110.jpg


b0171523_11392873.jpg


b0171523_11394595.jpg


b0171523_11431059.jpg


b0171523_11381630.jpg

重厚な門扉もとても素敵。

b0171523_11371299.jpg


b0171523_11361511.jpg


b0171523_11363437.jpg


b0171523_11355925.jpg

門の外にはたくさんのお土産物屋さんが立ち並んでいます。

b0171523_11424284.jpg

そして―。
どこからかロマンチックな音楽が聞こえてくるなあ、と思ったら、彼が「のこぎり」で奏でているのでした♪
たくさんの人が彼を囲んでうっとり聴き入っていました。
あ、今気がついたのですが、彼の服のシャツものこぎりですね。^^

b0171523_114072.jpg

ここを出た後、すぐそばにあるロシア美術館にも立ち寄りました。
それはまた後ほど。

b0171523_11364978.jpg





*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-09-09 14:11 | ロシア

ロシア旅行 2013 【サンクト・ペテルブルグ】 夏の庭園

b0171523_937072.jpg


今回の旅行は、最初の1週間はウラジオストクで過ごし、その後ペテルブルグで1週間。
そしてまたウラジオストクに戻ってから帰国という日程だったのですが、まずはペテルブルグでの滞在からランダムに紹介していこうと思います。

というわけで、『夏の庭園』 Летний Сад からまいりましょう。

b0171523_9375563.jpg


ネヴァ川とモイカ川、フォタンカ川に囲まれた静かな庭園。
以前、といっても12年前に訪れたときには、並木路に彫像がたくさん立ち並んでいる庭園、で、ちょっと閑散としていて、というイメージでした。
今ももちろん並木路と彫像はあるのですが、きれいに整備されて噴水も設けられ、なんだかとっても垢抜けた美人な(?)庭園になっていました。

b0171523_9382044.jpg


彫像もきれいになって嬉しそう。^^

b0171523_9385892.jpg


b0171523_9392464.jpg

観光客もたくさん。

b0171523_9395177.jpg


b0171523_9402562.jpg


大理石に金の噴水は、ペテルブルグ近郊の町ペトロドヴァレッツの噴水の小さい版みたいです。

b0171523_9404686.jpg


b0171523_9411446.jpg


b0171523_9413933.jpg
ロマンチック~❤ (*´▽`*)

b0171523_94248.jpg
劇作家イワン・アンドレーヴィチ・クリーロフ Иван Андреевич Крылов の像。

b0171523_9422098.jpg

台座には、彼の『寓話』に登場する動物たち。
b0171523_9424135.jpg

像の周りをぐるりと回って ライオンもキツネも鳥も熊もネズミもみんな撮れたかな。
b0171523_942566.jpg

どのお話もロシアの子どもなら誰でも知っているんだそうです。
b0171523_943812.jpg


b0171523_9432550.jpg


b0171523_9434726.jpg
若い可愛らしいカップル❤

b0171523_9475633.jpg


今度行くときは、プーシキンが黄金の秋と名づけた紅葉の季節に行きたいな~。
b0171523_9444395.jpg






*******************************************************************


★ロシアの名陶インペリアル・ポーセレン(ロモノーソフ)のお店「チャイカ」はこちらから★

b0171523_13175198.png

[PR]
# by nanohana-0803 | 2013-09-07 18:47 | ロシア
line

Счастливая жизнь.


by Natsumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31